top of page
  • I-MAKE 吉祥寺

英検3級(スピーキング)対策 完全ガイド

更新日:5月19日

英検スピーキング試験の基本


・英検3級の2次試験の内容(英検3級の2次試験とは?)

英検3級のスピーキング試験では、日常生活や一般的な話題に関連する問題が出題されます。試験は大きく分けて、準備段階、音読、質疑応答3つ部分から構成されておりて、

それぞれのパートで求められるスキルは異なります。

具体的には、準備時間を利用して問題の理解と回答の準備を行い、音読で流暢さと

正確な発音を披露し、最後に質問に対して自然で適切な回答をすることが求められます。


・サンプル問題

例えば、「週末に何をしたか」や「好きな食べ物について教えてください」と言ったシンプルな問題から始まります。これらの問題に対して、学習者は具体的な答えとその理由を用意する必要があります。


・2次試験の流れ

試験は通常、受験者1人につき約5分間行われ、最初に問題カードを読む時間が与えられた後、音読、質問応答と進みます。この流れを理解し、各分野で何をすべきかを明確にすることが成功の鍵です。


・評価のポイント(アティチュード)

評価は主に発音と流暢さ、文法の正確さ、内容の充実に焦点を当てられます。また試験官

とのコミュニケーション能力も重要な評価基準です。


問題カードの黙読と音読

20秒の黙読時間では、パッケージを一通り読み、内容を理解する。

もし時間が余ったら、イラストの確認もする。

20秒の黙読時間では、問題カードの内容を迅速に把握し、どのように答えるかの計画を

立てます。可能であれば、カードに含まれる情報の重要な点をピックアップしておくことが役立ちます。


音読はパッセージのタイトルも忘れずに読む。

音読パッセージの意味のまとまり(区切り)や個々の単語の発音に注意しながら、

面接官にはっきりと伝わる声を意識して、ゆっくり大きな声で読む。


Q&A~退室

No4とNo5の質問には、問題カードをみないで解答するので、面接委員の目を

見ながら答える。

面接委員に問題カード返却するのを忘れない。

・困った時に使いたい英語表現

(pardon、well)


効果的な学習方法と学習のコツ

スピーキングスキルを高める為の対策

・声を出す

・過去問に触れる

・ネイティブの講師がいる英会話スクールに通う



対策方法①積極性 自己表現やコミュニケーションを持続させようとする意欲など


対策方法②明瞭な音声 

適切な声の大きさ、発音の明瞭さなど

声の大きさや発音の明瞭さを意識することで、聞き取りやすい英語を話すことが

できるようになります。


対策法③自然な対応 

応答のスムーズさ、不自然な間の排除など

スムーズな応答と自然な間の取り方を意識することで、リアルなコミュニケーションが

可能になります。



まとめ 英検スピーキングテスト対策なら、I-MAKE東京吉祥寺校にお任せ下さい。

大手の半額以下の値段で

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど欧米系の先生もOK


英検スピーキングテストの準備は、適切な指導と実践を積むことで効果的に進めることが

できます。

I-MAKE東京吉祥寺校では、経験豊富な欧米系の講師陣が、手頃な価格で質の高い指導

提供します。

スピーキングの自信をつけたい方は、ぜひ当校のプログラムをご利用ください。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

英検3級二次試験面接の進め方

(コミュニケーション態度,目を見て話す(質問 4,5),長い沈黙は減点対象(Let me see? ) 質問がわからなかったら、聞き返しても OK(例えば: Pardon me?などと言う) 面接官: Hello -> Hello (Pre) Can I have your card please? -> Yes, here you are. Thank you. Please have a se

Comments


bottom of page